MTにはまりすぎていたら、WP2.5のRC版が出ていました。気分転換にテスト環境作って触ってみました。

WordPress 2.5 公開前の機能紹介
ここ数ヶ月、WordPress の管理画面を根本的にリデザインするために Happy Cog の Jeffrey Zeldman、 Jason Santa Maria、そしてLiz Danzico と協力してきました。(中略)これはただ外装のペンキを塗り直したような表面的な改善ではありません。ソフトウェア自体のことは無視して創造的な作業に打ち込めるように、見た目だけではなくて内容の系統的な整理方法についても考え直したのです。

すごく期待させてくれます。ソースや処理の美しさは長谷川にはわからないので、とりあえずの興味は使いやすさと機能。以下、感想など少し書いてみます。

  • 試しているのは2.5RC1日本語版。
  • インストール時、日本語表示にならず、直接「wp-config.php」で「define (‘WPLANG’, ‘ja’);」と書き直しました(やり方かな)。
  • 第一印象は、MTっぽい。というよりWPが先なんですが、お互いに意識しあってる感じがすごくします。画像の挿入方法も、MTと同じように画面内のポップアップで操作(これ少し嫌いです)。
  • いわゆるCSSサイトっぽいデザイン。でも操作の軽さや流れのわかりやすさもそのおかげ。
  • ただ、色合いに少し不満。デフォルトではブロックが見分けづらい配色なので、ユーザー「あなたのプロフィール」でカラースキームをクラシックにするといいかも。特にヘッダ部の色合いが薄くて、見るべき場所が見えづらい。
  • タグは編集機能が付いたけど、過去に入れたものを簡単に入力できる仕様にしてほしかった。
  • 投稿時「すぐに公開する」の横にある「編集」の意味がわかりにくい。「タイムスタンプを編集」の意味。

今のところ、こんな感じです。早くこのサイトもバージョンアップしたい。

それからWordPressの日本語サイトですが、「wordpress.xwd.jp」がなくなり「ja.wordpress.org」に統一されるようです。フォーラムもできています。Googleの検索で1位になる日も近いかな。


PAGE UP