サーバの構築や管理ができない場合、共有サーバやマネージドサーバが選択肢になります。ここではそうした共有サーバの中から質が高いと思えるものをご紹介します。
ショップサイトをご検討の方は「ショップサイトの作り方」もご覧下さい。

最もおすすめ「エックスサーバ」

DBなどの質が高くWordPressの利用もかなり快適です。特にオススメなのがバックアップ機能。標準で7日分、毎日別サーバへバックアップしてくれるそうですパソコン同様、サーバも絶対安全ではないので他にはない安心材料です。
またコーポレートサイトにはビジネス仕様の「シックスコア」をおすすめします。安定性が評価されています。
エックスサーバの関連記事を読む

WordPressなら「wpX Speed」

エックスサーバと同じ会社が運営しているWordPressに特化した個性的なサーバです。以前は「クラウド」「レンタルサーバー」というプランがありましたが、メールサーバも標準になり「Speed」という名前で統合しました。同じ価格帯やスペックで競合サーバもありますが、管理画面の使いやすさやエックスサーバの実績などもあり、安心して使用できると思います。このサイトも「wpX Speed」を利用しています。
速度面ではSSDの接続インターフェイスが変わりディスクの読み込みがかなり早くなっているようです。もともと「wpXクラウド」でも速かったのですが、変更した直後、体感でも軽くなった印象でした。アクセスが増えた場合にプランを自動で変更する機能もあり、一時的に利用量が増えるサイトにもおすすめできます。
wpXの関連記事を読む

安定感の「さくらのレンタルサーバ」

多くの共有サーバがさくらのデータセンターを使っているなど、裏方としての実績や技術面で安心感のある会社。機能面も死角はありません。シンプルなサイトであれば十分なサーバ。ただ唯一DBの重さがネックでWordPressを利用する場合など十分にテストが必要。キャッシュ機能である程度カバーすることもできると思います。
また管理がいらないマネージド専用サーバも業務でもよく利用しています。
さくらのレンタルサーバの関連記事を読む