コーディング時のスタンス

HTML, CSS
  • HTMLの文法とSEOを重視
  • 第三者にも見やすく汎用的なマークアップを目指します
  • CSSのクラス名は原則BEM記法
  • CSSの新しい機能を用いる場合、旧ブラウザでの表現を簡素化することがあります
  • 印刷は環境に左右されるため考慮しません
JavaScript
  • 主にjQueryとそのプラグインを利用します
  • JavaScriptを無効としているブラウザは原則考慮しません
  • 公開されているJavaScirptの関数等を利用する場合、ソース元をコメントに記述します
  • 使用したプラグインやそのバージョン、注意事項などは別途納品時の仕様書にまとめます
  • React、Vueなどでの開発はできません
WordPress
  • カスタマイズはコアファイルを操作せず、テンプレートファイル内で完結するよう設計
  • Gutenbergのブロックカスタマイズも簡単な入力補助程度であれば可能です
  • セキュリティを考慮し、プラグインは極力使用しません
  • 使用したプラグインや注意事項などは納品時の仕様書にまとめます
  • 投稿方法をわかりやすくまとめたマニュアルを作成します

制作環境・チェックブラウザ

  • 作業環境はMac。WindowsでのチェックはソフトParallelsを使用。
  • コーディングには Visual Studio CodeCodeKit を使用しています。
  • HTML、CSSともに「validator.w3.org」にてチェックを行います。システムの都合によりエラーがゼロにならない場合、目視によるチェックで問題がないことを確認します。
  • JavaScriptはブラウザが出力するエラーが原則なくなるまでチェックします。
  • 主に下記ブラウザにてチェックを行います。
    Windows: Edge, IE11, Chrome
    Mac: Safari, Chrome
    iOS: Safari
    Android: Chrome
  • IE以外は、制作時点の最新バージョンとします。
  • スマートフォン、タブレットでのチェックは、その時点で所有している実機以外、エミュレーターを使用します。詳細は「スマートフォンへの対応」もご覧ください。
  • Dreamweaverなどローカルソフトの使用を前提としたご依頼はお受けしておりません。