WordPress 3.0 RC2」日本語版が公開されたので、実際に入れてみました。少し前に英語のベータ版をざっと確認していますが、特にそこからの変化も見つけられなかったので、細かな調整に終始したのだろうと想像。完成度も高そう。2.9との違いなど含め、気になった点を一通りまとめてみます。

念のため、以下は「WordPress 3.0 RC2」をインストールしたものです。3.0の正式リリースでは変更があるかもしれません。

  • 管理ユーザーのパスワードをインストール時に決められるようになっています。確かに今まで二度手間でした。
  • 管理画面がグレー。ブラウザと同化させたような配色。操作しづらいということはないけど、もう少しはっきりしててもよかったと思う。
  • 管理画面タイトルの横に「検索エンジンをブロック中」(プライバシー設定)が表示されます。うっかり外し忘れそうになることもあるのでちょっと便利。
  • ヘルプが各ページごとに詳しく説明してくれます。翻訳ご苦労様です!
  • デフォルトのプラグインはお馴染みの「Akismet」「Hello Dolly」「WP Multibyte Patch」。
  • デフォルトの外観(テーマ)が変わりました。「Twenty Ten 1.0」というWordPress Teamが作ったもの。とうとうHTML5。でも見た目、ちょっとMTぽい。
  • ウィジェットは仕様が変わったのか、単に設定を複雑にしたのか、操作できるエリアがたくさんあります。詳細は未確認。自由度が上がってテーマの作り込みが大変そう。
  • メニューという項目ができた。公開ページのメニューをカスタマイズできます。WooThemes の制作者と協力してコアに入れた機能。オープンソースらしい話。ただこれもテーマの作り込みが大変そう。
  • 背景ヘッダーについては、カスタマイズしたテーマで使えるなら嬉しい。特にヘッダーは需要がありそう。
  • 記事、ページごとに画像サムネイル「アイキャッチ画像」が設定できます。これはサイト制作では意外と重要。英語では「featured image」だったと思いますが、この言葉になりました。
  • 投稿画面のタイトル欄に「タイトルを入力して下さい」と記載されています。今まで何もなくて端折りすぎと思ってました。
  • エクスポートの出力を、細かなフィルターで制御できるようになっています。
  • 設定内の「メディア」と「その他の設定(ファイルアップロード)」が統合。「プライバシー」も「表示設定」とかに入れて良さそうです。
  • アップグレードがないのはRCだからかな。

それから、今回の目玉「マルチブログ」は、標準的なインストール方法では使えなくなってます。ある意味潔いけど、いざ使う時には面倒。一度試してみたんですが、実際「WordPress MU」は使ったことがないので簡単には把握できませんでした。マルチブログ化についてはまたここに書きます。こちらのページ「WordPress 3 スニークプレビュー | Technolog.jp」が参考になります。

2010.6.15追記:3.0 RC3も公開されました。


PAGE UP