BLOG
ブログ

Coda 2でGit始めました

今更ですがようやくGitを使い始めました。
一人で使う分には、バックアップを取らなくて済む、バージョンの比較、くらいで十分なのでローカルで利用します。どれほど楽になるかはこれから見ていきます。

使う手順は簡単で、まずはXcodeをインストール。ターミナルでGitの場所を確認(which git)。Coda 2の環境設定に入力したら使えます。ただ小さなハードルがありました。Coda 2を起ち上げ直すと、環境設定のツールパスが空欄になってGitが使えなくなります。

Codaのサポートに連絡したところ、すぐに回答がありました(こちらのサポート、いつも迅速で的確)。

Xcodeはver.5.0.2からソース管理のファイルがアップデートされていて、一つ操作が必要とのことでした。
Xcodeアップデート後、1度も起動していない場合は起動、下記をターミナルで実行します(コマンドラインツールをインストール)。

xcode-select –install

これで解決しました。
ツールパスは「/usr/bin/git」ではなく、ライブラリ内の長いパスが勝手に入力されていました。起ち上げ直しても残っていて、今は無事使えています。