PHP5のSimpleXMLを試すために1つサイトを作ってみました。「食べログ easy」。駅名と食べたいもので検索します。

今までサーバにPEARがなければ、必要なファイルをアップして、関数作ってとかやってましたが、SimpleXMLのおかげで何にもいらなくなりました。

このサイトは「初めて行く場所でゴハン食べたいんだけど、どこが評判なの? 2人で和食とか」というような時に使います。知っているお店を探す時は不便です。例えば「金沢駅 和食 2人」と入れて検索するといくつか出てきます。知っている駅でも発見があって楽しい。
検索結果は若干操作しています。あんまり高価なところは出さないとか、カテゴリー名の漢字、カナを調整するとか。複数の駅(例えば「表参道駅 外苑前駅 焼き肉」)で検索することもできます。

でも食べログAPIは簡単に使える反面、制限もあって検索キーが限られていたり、必要な情報がなかなかとれません。検索が重いのはこのためで、ある件数に達するまで何度もアクセスしています(都道府県で絞れば若干早くなりますが、本当はこの都道府県の選択肢も外したかった)。それから既知のバグですが「中目黒駅」の検索できません。文字コード絡みでしょうか。

ついでにHot PepperのAPIも読み込んで、携帯用クーポンがあれば「クーポン」も表示されるようになってます。ぐるなびのクーポンも出したいんですが、お店をピンポイントで検索する方法が見つかってません。電話番号で引っ張れそうなんですけどダメでした。

とりあえずXMLが使いやすくなったのは嬉しいです。PHP5にするメリットの1つ。


PAGE UP