WordPressで投稿していると案外気になるリビジョン。リビジョンというのは、投稿中に自動保存されたり、思いついたように下書き保存したりすると、その都度作られるファイルのようなもの。どんどん増えます。

原稿をどう書き換えたか、まで気にすることはないので、この機能はOFFでいいと思います。ただWPの管理画面ではそれを制御する方法がないので、プラグイン「Disable Revisions」を使います。本当はconfigファイルで操作するみたいですが、そのうちデフォルトで設定できるようになる気がするので、削除しやすいようにプラグインにしましょう。

1つ気になる点。このプラグインのソースを見ると、既に保存されたリビジョンもSQLで消そうとしているように見えるんですが消えませんね。まあいいんですが、どうしても削除したい方には「Delete-Revision」というプラグインもあります。


PAGE UP